スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

KAITO Append

6月にKAITO Appendの公式デモ(わんだらP「からくり時計と恋の話」)がYoutubeで発表され、ニコニコ動画にも転載されていましたが、ニコニコ動画では声に関しては「KAITOらしくない」「KAITOらしさはある」と全く対照的な意見が飛び交っていました。
(Youtubeよりもニコニコ動画の方が「KAITOらしくない」という意見が多いような気がしました)

考えてみると不思議ですよね。同じ声を聞いてるのにこんなに対照的な意見が出るってのは。KAITOの芸の幅は広い!と実感しました。

自分はKAITOらしい声の範疇かなと思っています。風雅さんの声に近付いたかなとも思いますが。 (KAITOの声のパラメータをいじくり倒してエフェクトをかけているので自分の中での「KAITOらしい声」の範疇がかなり広いのかも)自分としては、KAITOらしさがもうひとつ加わったという感じですね。

わんだらPのデモの声はsoftでしたが、他にどんな声が出るかが気になるところですね。(CD「VOCALOID民族調曲集」収録の「千年の独奏歌」の声はsoftとは別の声かな?公式デモの声と比べると硬めの声の印象がする)power、solid辺りの系統が入っているといいなあ。

アペンドがでたら手始めに今までの曲をリメイクしてみたいですね。(特に「One&Only」!) 
[ 2011/11/27 09:00 ] VOCALOID情報 | TB(0) | CM(0)

私の低音KAITO覚書

私は現在低音の得意なシンガーをメインに使っています。
低音KAITOを歌わせる上での自分なりの覚書をまとめてみました。
 
・レゾナンス1とレゾナンス2のフリーケンシーを下げると落ち着いた発音になる
・レゾナンス2のフリーケンシーを下げすぎると発音がこもってくるので注意
・高音になるところはコントロールトラックでジェンダーファクターを少し上げると男声らしさが
 損なわれにくい
・EQで低域をカットすると低音でもすっきりした声になる

まだまだ研究途上なので覚書は増えるかもしれません。
[ 2011/11/20 09:02 ] VOCALOID技術 | TB(0) | CM(0)

うちのKAITOの各シンガーについて

今回はうちのKAITOの各シンガーについて少し解説。

・KAITO-main-soft
 風雅なおとさんを意識して調整したシンガー。割と柔らかく伸びのある声をイメージ。
 「One&Only」「鬼のパンツ」で使用。ブライトネスは55~デフォルト値程度。

・KAITO-main-hard
 現在メインで使っているシンガー。「Nobody's Perfect」から使い始めた低音系シンガー。
 ノイズ、ブライトネスが高めなのが特徴。体良く言えば渋めの声。言ってしまえばおっさん声。
 次回作もこれがメイン。かっこいい低音目指して調整中。

・KAITO-chorus-high
 高音部のコーラス、女声コーラスに使用。ジェンダーファクターは50台。中性的な声をイメージ。
 ブライトネスを少し落としてなじみやすくしている。
 
・KAITO-chorus-low
 低音部でのコーラスに使用。「マイマスター」「ロストシープ」で使ったコーラス用シンガーに
 現在この名前をつけているが、最近はあまり使っていない。こちらもブライトネスを少し落として
 いる。

・KAITO-siin
 子音増強用シンガー。ブレスにも使う。Noiseを110まで上げて、ジェンダーファクターはメインの
 シンガーに合わせる。
 それ以外のパラメータは0。レゾナンスはデフォルト値。無声子音の発音にも使う。
[ 2011/11/13 09:00 ] VOCALOID技術 | TB(0) | CM(0)

今までUPした動画について(5)~鬼のパンツ


ニコニコ動画に投稿して1年経ったので、なんか記念になることをしておきたいと思ったのですが、制作中の作品の難易度が高く、1周年に間に合わなさそうなので急遽作った動画です。

ある動画で風雅さんが歌っているこの曲を聞いて、いつかやってみたいと思ってた曲でもあります。(特撮には関係ないのですが、風雅さんつながりということで)
最初の部分にセリフを入れてみましたが、喋らせるのは結構難しいですね。
[ 2011/11/06 12:13 ] 投稿動画 | TB(0) | CM(0)

今までUPした動画について(4)~One&Only


この曲は「仮面ライダーアギト」のエンディング曲です。初めての風雅なおとさんのカバーです。

前作とは対照的に柔らかめで高音の伸びを意識した声づくりをしました。前作よりはブライトネスの低い声です。この曲からメインのシンガーが2種類になりました。(低音が得意なものと高音も割と得意なもの)

この曲では歌いだしを半音下からしゃくってみたり、拍とずらして歌わせる等の技法を初めて使いました。歌い回しの調整に時間をかけています。歌い回しの研究のためにこれまた曲を聞きまくりました。(うっかり聞き惚れて研究そっちのけ状態になってしまうことも多かったのですが(笑))

この曲はKAITOアペンドがでたら真っ先にリメイクしたい曲です。
[ 2011/11/06 12:08 ] 投稿動画 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。