スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「VOCALOID民族調曲集」を聞いてみた~千年の独奏歌 (kaoling mix) / yanagi feat. KAITO Append

このCDはKAITOの曲が5曲入っている、KAITOアペンドの使われている曲があるということで気になっていたので、購入して聴いてみました。(関連ページはこちら

その内から今回は「千年の独奏歌」の感想を。

原曲より力強い印象がありました。これはアレンジが変わったというのもあると思います。
あと、声や歌いまわしに風雅さんの面影を感じました。
アペンドのSoftのデモはかなり風雅さんに似た印象の声でしたが、この曲で使われているDBはSoftではなさそうです。
それとも、Softでも調声やエフェクトであれくらい力強くなるのでしょうか。気になるところです。

どちらにしても原曲とはまた違った魅力のある良アレンジです。
原曲の「切なさ」、今回のアレンジの「力強さ」、共にこの曲の主人公の思いを別の側面から表現していると思いました。
ほかのKAITO曲や他ボカロ(UTAUとのデュエットもあり)の曲もなかなか聴きごたえのある曲ばかりでした。
スポンサーサイト
[ 2011/12/25 09:00 ] VOCALOID曲 | TB(0) | CM(0)

KAITO Appendデータベースのデモが出揃ってきた

FARM RECORDSより「VOCALO APPEND」が2012年1月11日に発売になるそうです。

特集ページはこちら。曲の視聴もできます。

有名PがVOCALOIDのアペンド版を使って制作した曲のCDです。アペンド発売済みのミク、
リン、レン、GUMIだけでなく、現在開発中のルカやKAITOを使った曲もあります。(どちらもβ版)

KAITOは16曲目の「Lost Destination」で使われています。レンとのデュエットで力強いロックです。
使われているDBはNormal、Soft、Whisperと表記されています。
視聴できる部分の声はSoftやWhisperではなさそうです。おそらくNormalの声だと思われます。
V1版のKAITOに近い感じの声でした。V1版に張りが加わったような印象もあります。
Normalでこれなら、Power系の声も期待できるかもしれません。

これでNormal、Soft(Softのみのデモ動画はこちら)、Whisper、英語版DBのデモ(動画はこちら)が出ることになりますが、製品版はどれだけのDBが収録されるのでしょうか。
自分としてはPowerもしくはSolid系統のDBが入るのかどうかが気になります。
(もしかして「VOCALOID民族調曲集」収録の「千年の独奏歌」で使われたのがPower系?関連ページはこちら

これからの情報が楽しみになってきた…!
[ 2011/12/18 09:07 ] VOCALOID情報 | TB(0) | CM(0)

シンガーの名前を変更してみた

うちのKAITOの各シンガーについて解説した記事はこちらですが、あれからKAITOのメインのシンガー名を変更してみました。

・KAITO-main-soft→KAITO-main-bright
 高音向きのシンガー。聞いているうちにこれは柔らかい声というよりは明るい声かな?という感じに聞こえたので。

・KAITO-main-hard→KAITO-main-adult
 低音向きのシンガー。年齢高めの感じがする声なので。
[ 2011/12/11 10:42 ] VOCALOID技術 | TB(0) | CM(0)

KAITO Append、V2それともV3?!

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のwatさんがtwitterでこうつぶやいていました。
「現状、betaとして出ている音源については全てVOCALOID2を使用したものでして、原則、VOCALOID3に適合させた上で改めて音声化し、デモソング等としてリリースさせて頂きたいと思います」

これは文字通りに解釈すると、アペンドはVOVALOID2で出すけどVOCALOID3へのインポートを前提として開発していくってことでしょうか。
わざわざ「VOCALOID3に適合させた上で」と表現しているのはV2版で出すからのような気がします。

だけど、これでVOCALOID3版が出ないと決まったわけではないので追加の情報が待たれるところです。
[ 2011/12/04 09:00 ] VOCALOID情報 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。